ライフスタイル

【ネタバレあり】『リズと青い鳥』観ました。

こんばんは。

 

mimi(@chiisamemimi)です。

 

GWの前半に、『リズと青い鳥』という映画を観ました。

 

個人的に、ラストがふわっと終わる作品は好きです。

 

観た人それぞれに物語の結末を考えさせてくれる感じの。

 

(ラストがバシッと終わっているものも好きですが)

 

リズと青い鳥を観て

 

 

『リズと青い鳥』は、何というか、迫ってくる緊張感や気迫のある映画というより、心の奥底からじんわりしてくるような映画でした。

 

切ない。

 

物語のあらすじとしては…

 

「映画 聲の形」が高い評価を受けた山田尚子監督が手がける、京都アニメーション制作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版。吹奏楽に青春をかける高校生たちを描いた武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を原作に、テレビアニメ第2期に登場した、鎧塚みぞれと傘木希美の2人の少女が織り成す物語を描く。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、ともに3年生となり、最後となるコンクールを控えていた。コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあったが、親友同士の2人の掛け合いはなぜかうまくかみ合わず……。引用:映画.com

 

私がこの作品が好きだな~と思った理由は、

 

映像が美しいこと。

 

青春を題材としていること。

 

可愛い女の子が沢山登場すること(真顔)。

 

楽器が本当に精密に忠実に描かれていること。(小学生の頃金管バンド部だったので、個人的に、なんだか懐かしい気持ちになったり…)

 

特に『音』へのこだわりは、鳥肌が立つくらい。

 

劇中に流れる『音』に、こんなに気持ちを持って行かれることは、なかなか無い。

 

吹奏楽部の女の子たちの演奏シーンはもちろんのこと、登場人物の足音や、息をスッと吸い込むところの細やかな呼吸音、水槽の水の流れのポコポコ…という音。

 

何気ない生活の中に満ち溢れた音だけで、物凄い情報量だな…というか。

 

セリフがなくても、心情が伝わってくる。

 

これって本当にすごい。

 

だから、もし『リズと青い鳥』を観ようと思っている方には、ぜひ『音』に注目してみてほしいなと個人的に思いました*

 

もちろん映像も、青春の、あのキラキラとしていながらも蒸し暑い感じがじんわり伝わってくるものでした。

 

登場する美少女達それぞれに個性があって、必ず推しが見つかると思います。(真顔)

 

セリフが少なくても、微妙な間の取り方、表情の変化、これに音が効果的に加わってくるので、結果的に、さらっとした作品でありながらも、観終わった後『胸がいっぱい』になりました。

 

公式サイトへのリンクを貼っておきますね˙ᵕ˙♡

 

liz-bluebird.com

 

いや~~~全然関係ないけど、

 

最近だと「宝石の国」を観終わったときもそうだったけど。

 

やっぱりアニメっていいですね!!!

 

はい。

 

切ない系で、ふんわりした作品が好きな方、『リズと青い鳥』お勧めです♡

 

 

GW前半は

GW前半はこんな感じで映画を観たり、友達と飲み会したり、家族でカラオケに行ったり、彼とデートしたり、とても充実していました♡

 

ただ、遊び歩いていたらありがちな、食生活の偏りで…お肌が…( ˟ ⌑ ˟ )

 

関係あるのかわかりませんが、不思議と口周りにぽつぽつとニキビが出てきたので、胃腸がもうやめてくれ~!と悲鳴を上げているのかもしれません。。

 

気を付けなければ!

 

あと、この頃ブログでもリップ紹介の記事が多くて…どうした?って感じですが、完全にマイブームというやつです。

 

唇は一つしかないのにね。←

 

シンプルライフ(あくまでも自分の暮らしやすい基準)って感じで、全然シンプルじゃないぞ!と怒られそうですが。

 

良いとこどりでもいいかなって。(開き直りとも言う)

 

好きなことをやめてシンプルにすることが目的ではないもの。

 

そんな感じで(?)GW後半も楽しみましょう~!

 

素敵な連休になりますようにପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました*

 

よかったら、読者登録・ツイッター(@chiisamemimi)のフォローよろしくお願いします♡コメントもお待ちしております^^

 

まだまだブログ初心者ですが、応援していただけますと幸いですm(__)m

 

twitter.com